survitecアール・エフ・ディー・ジャパン株式会社

RFDジャパンへのお問い合わせ
Survitec groupへのお問い合わせ
会社案内

会社案内

会社概要

会社名 アール・エフ・ディー・ジャパン株式会社
住所 〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下3丁目7番24
TEL 045-629-0055
FAX 045-629-0057
E-mail Yokohama.info@survitecgroup.com
事業内容
  1. 救命用いかだ・シューター及びその付属部品の製造、輸出入及び販売
  2. 救命用いかだ・シューターの技術的サ-ビスの提供
  3. 前各号に付帯関連する一切の業務
  4. 救命胴衣・浮器及びその付属部品の製造・販売
設立 2001年6月
資本金 8,500万円
株主(五十音順・敬称略) サーバイテック・グループ
三洋商事株式会社
富士貿易株式会社
主要取引銀行 三菱UFJ銀行 横浜駅前支店
神奈川銀行 本店営業部
代表者 代表取締役 Beibei Qi
統括部長  矢崎めぐみ

企業理念・指針・価値

企業理念(VISION)

遭難時に生き抜くための安全救命の分野において、世界で最も信頼される会社をめざします。

行動指針(MISSION)

お客様、乗員および乗客にとって最適な安全救命機器・設備を確実に備えた運航を提供します。

価値(VALUES)

安全とリスクの低減は、当社の行う事すべてに必須です。
お客様に真の価値と信頼をお届けすることを約束します。
社員を大切にし、個人およびチームの能力開発のために注力します。
提供するすべてのサービスにおいて卓越することを目標とします。
あらゆる機会において革新を追求します。
誠実さをもって有言実行します。

会社沿革

2001年6月19日 横浜市保土ヶ谷区に英国 Survitec社と日本企業との合弁会社としてアール・エフ・ディー・ジャパン株式会社を設立。
2001年6月20日 国土交通省より膨脹式救命いかだ(投下式・DL式)の型式承認を取得。
2001年9月30日 東洋ゴム工業株式会社から膨脹式救命いかだの業務移管を完了。
2003年4月11日 国土交通省より膨脹式救命いかだ(50人)の型式承認を取得。
2003年7月11日 国土交通省より降下式乗込装置(MES)の型式承認を取得。
2004年4月12日 業務拡大に伴い、横浜市中区(現在の住所)に移転。
2004年5月18日 国土交通省より膨脹式救命いかだ(100人)の型式承認を取得。
2004年12月16日 国土交通省より膨脹式救命いかだ(自動復原)の型式承認を取得。
2008年4月25日 国土交通省より作業用救命胴衣兼小型船舶用救命胴衣・小型船舶用救命浮器の型式承認を取得。
2008年4月28日 東洋ゴム工業株式会社から救命胴衣・小型船舶用救命浮器の業務移管を完了。
2010年2月5日 国土交通省よりタンカー用膨脹式救命いかだの型式承認を取得。
2010年10月1日 国土交通省より救命胴衣(膨脹式・大人用)の型式承認を取得。
2010年10月4日 ライフガード工業株式会社の事業を譲渡。
2010年11月10日 国土交通省より小型船舶用救命浮輪(膨脹式)の型式承認を取得。
2012年9月24日 国土交通省よりシーアンカーの型式承認を取得。
2012年10月29日 国土交通省より救命浮器(膨脹式)(50人・100人)の型式承認を取得。
2015年12月28日 国土交通省より作業用救命胴衣兼小型船舶用救命胴衣・小型船舶用救命浮輪の新基準での型式変更を完了。
ページトップへ戻る