最高品質の膨脹式救命いかだ、シューターと救命胴衣のメ-カ-
 アール・エフ・ディー・ジャパン株式会社
  RFD-Toyoシューター・救命いかだを搭載した海王丸と日本丸  
 海上の安全を支える日本の救命機器メ-カ-として、東洋ゴム工業から救命いかだ・シューター・救命胴衣を継承し、国土交通省および欧州連合の型式承認を取得し、製造・販売しています。RFDのブランドを持つ世界最大の安全救命関連メ-カ-Survitec Group と日本企業との合弁会社で、高い技術力と動きの良さ、ネットワ-クを駆使したきめ細かいサ-ビスには、高い評価をいただいています。
 HP(English)

ニュース&トピックス

* 2020年4月6日 関係各位
アール・エフ・ディー・ジャパン(株)は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けフレックスタイム等による時差出勤の推奨を行ってまいりましたが、先般の神奈川県の外出自粛要請を受け、 4月7日から当面の間、弊社において一部社員を除き、可能な限り在宅勤務(テレワーク)を実施する予定です。お客様、関係各位におかれましては、従来通りの対応が出来ずご不便お掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
1.従業員の原則在宅勤務の実施
・業務内容・状況に応じ、可能な限り在宅でのテレワークを実施します。
・お客様とのお打ち合わせにはWeb等を活用した会議をご提案させていただきます。
・弊社の対応について、従来以上の時間を要する可能性があります。
2.代表電話へのお問い合わせについて
・在宅勤務対応にあたり、お問い合わせ窓口につきましては可能な限りメールにてお願いいたします
・担当者のメールが不明の場合は、
 従来通りに Yokohama.info@survitecgroup.comへご連絡ください。
* 2020年1月1日 代表取締役社長金光徹雄が退任し、相談役に就任いたしました。後任として山﨑裕介が代表取締役社長に就任致しました。今後とも、アール・エフ・ディー・ジャパン株式会社に変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
* 2020年1月1日  マリンポーチライトが製造終了となり、その後継品として、マリンポーチを製造販売することとなりました。 
* 2015年12月31日  2013年新型式基準適合品の作業用救命衣兼小型船舶用救命胴衣TJW-5RN型および小型船舶用救命浮輪マリンポーチRN型が国土交通省より承認されました。
* 救命胴衣、救命浮輪、救命浮器用マガジンの交換時の注意について
  マガジンは、金属面をキャップ側(赤い部分)がある面を下側にくるように装着して下さい。
* 2013年10月16日 自動復原膨脹式救命いかだRFD 25SRが国土交通省より承認されました。
* 2012年10月29日 救命浮器(膨脹式)Ferryman50、Ferryman100が国土交通省より承認されました。
自動離脱器(いかだ用)MSK-008R、MSK-005Rが国土交通省より承認されました。
* 2012年9月24日 シーアンカーRJ-1型(膨脹式救命いかだ用)が国土交通省より承認されました。 
* 2011年7月よりの新SOLASルール対応の膨脹式救命胴衣の国交省型式承認取得
* 2010年7月1日から変更されたSOLAS規則に適合した膨脹式救命胴衣の型式が10月1日付
 で国土交通省より承認されました。
 新ルール対応の膨脹式救命胴衣として日本初の型式承認。
 型式名は RTJ-10R、型式承認番号は5000番です。
* 当社シューター(降下式乗込み装置)の定員が250人から300人に増員となりました。
 このシューターは、東洋ゴム工業から引き継いだもので、RFD-Toyo TES型として
 国土交通省の型式承認を取得しており、格納箱の中身だけを陸揚げして整備するので、
 整備料金が割安と御好評をいただいております。
Copyright(C) アール・エフ・ディー・ジャパン株式会社. All rights reserved.